記事一覧

生まれ変わったtutu anna原宿店で限定バックをゲット

アップロードファイル 7-1.jpg

お手頃でおしゃれなソックスが大人気のtutu anna(チュチュアンナ)原宿店が8月6日にリニューアルオープン! これを記念したノベルティが登場。

“tutu anna 原宿竹下通り店”として生まれ変わった新店舗は、ピンク×白ストライプの屋根が目印。パリのロフトをテーマにした店内は、まるでフランスの女の子の部屋にいるような気分でショッピングを満喫できちゃう♪ ソックスだけでなくインナーウェアも充実しているので、ガールズテンションをアゲてくれるキュートなアイテムが見つかるはず。

そしてリニューアルを記念して、2,000円(税込み)以上お買い上げした人にオリジナルコットンバッグをプレゼント! 使いやすいシンプルなデザインの限定バッグは学校、仕事、ショッピングなどデイリーユースにぴったり。足元のおしゃれをグレードアップしてくれるソックスを探しに行ってみて☆

tutu anna 原宿竹下通り店
open. 10:00 – 21:00
add. 東京都渋谷区神宮前1-16-3
tel. 03-5771-6044

米寿祝いのプレゼント喜んでもらえる贈り物を

アップロードファイル 5-1.jpgアップロードファイル 5-2.jpgアップロードファイル 5-3.jpgアップロードファイル 5-4.jpgアップロードファイル 5-5.jpg

おめでたい人生の節目である「米寿」。米寿祝いは「米(よね)の祝い」とも呼ばれ、長寿を労い、日頃の感謝の気持ちを伝える特別なお祝いです。

そこで今回は、米寿祝いにおすすめのプレゼントをご紹介します。米寿祝いの相場や、プレゼントの選び方も合わせて解説するのでぜひ参考にしてみてください。
米寿祝いとは、数え年で88歳を迎える年に行う長寿祝いのことです。米寿という名は、「米」の文字が「八十八」を組み合わせた形であることに由来します。八十八は、末広がりの漢字がふたつも並ぶ、非常に縁起がよい齢。そのため、室町時代以降、米寿を盛大に祝うようになったといわれています。

かつては、長寿にあやかれるようにという意味合いを込めて、米寿祝いの宴の参加者へ「米」にちなんだ斗掻(桝に盛った米を平にならすための棒)を贈っていました。現在では、米寿祝いでは日頃の感謝の気持ちを伝えるとともに、さらに長生きができるよう、願いを込めてプレゼントを贈る習慣があります。

なお、本来米寿祝いは数え年で祝うものとされてきましたが、徐々に満年齢で祝うことも増えてきました。米寿を迎えた本人の健康状態を踏まえながら、家族や親族一同が揃って元気な顔を見せられるタイミングで、米寿を祝いましょう。
米寿祝いの相場は、地域や祝う相手の立場によって異なります。一般的には、両親には2~3万円程度、叔父や叔母などの親戚には5千~2万円程度、祖父母には1~3万円程度が相場と言われています。

相場以上のプレゼントを贈ると、相手も受け取りにくくなってしまうもの。周りの親族とのバランスも考慮したうえで、相場に合わせた素敵なプレゼントを選んでみましょう。
米寿祝いは、収穫を迎える稲や太陽の色である、黄色いカラーの贈りモノが定番とされています。黄色や金のちゃんちゃんこや座布団、扇子を贈るのが一般的です。

しかし、最近では黄色の小物やお花、普段の生活で使えるモノなど工夫を凝らしたプレゼントも増えています。相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら、黄色をキーワードにして自由に選んでみましょう。
88歳ともなると、自宅で静かに過ごすことが多くなるもの。そのため、湯飲みなどの普段自宅でよく使うモノや、部屋に飾って楽しめるモノがおすすめです。夫婦揃ってご健在の場合には、お揃いの茶碗や箸なども人気があります。

また、思い出のアルバムや家族からの寄せ書きなど、ゆっくりと人生を振り返りながら楽しめる記念品もおすすめです。なお、体調面に問題がなく元気な方の場合には、近場への家族旅行や食事会に招待するのも喜ばれます。相手のライフスタイルや趣味嗜好を踏まえたうえで選ぶことが大切です。
食べ物や飲み物も、喜んでもらえる米寿祝いの贈りモノのひとつ。ラベルに名前を入れたお酒やメッセージ入りのお菓子など、さまざまなタイプが販売されています。しかし、年齢を重ねると食が細くなるものなので、なるべく賞味期限が長く少しずつ食べられるモノを贈りましょう。

また、米寿祝いの名にかけて、お米が贈られることも多く、味にこだわったブランド米や、お米と佃煮、海苔などをセットにしたモノもあります。贈る相手の嗜好に合わせて選んでみてください。
米寿祝いのプレゼントに「櫛」はふさわしくありません。その理由は、「苦」や「死」を連想させるためで、お祝いにはふさわしくないと言われています。また、お葬式の香典返しに使われることが多い「お茶」も避けましょう。
一般的に、お祝いごとの贈りモノには熨斗(のし)を添えます。米寿祝いの贈りモノにも、忘れずに熨斗紙を掛けましょう。熨斗紙を掛けることで、「改まって米寿祝いの贈りモノを渡す」という意思表示ができます。

また、米寿祝いの水引には「花結び(蝶結び)」を使用しましょう。花結びは、何度も結び直しができることから「何度あってもよいこと」という意味が込められており、お祝いごとに適しています。なお、表書きは「祝米寿」「感謝」「米寿御祝」と書くのが一般的です。さらに、米寿にちなんで数本の稲穂を熨斗に挟んでおくと粋な演出として喜ばれます。
黄色いちゃんちゃんこ・大頭巾・扇子・ご長寿祝いの栞が化粧箱に入ったギフトセットは、米寿祝いの定番プレゼントです。黄色いちゃんちゃんこと頭巾は紐でサイズ調節ができ、男女兼用で使えるフリーサイズ。

ちゃんちゃんこには中綿がたっぷり詰まっていますが、袖がないため季節を選ばずに贈れるのもポイントです。米寿祝いのおめでたい雰囲気を素敵に演出できます。家族みんなで記念写真を撮影したくなる、おすすめの贈りモノです。
光沢を帯びた高級感のある素材と、華やかな唐草柄が特徴の黄色い座布団は、米寿祝いのプレゼントの定番。厚み約18cmで綿がしっかりと詰まっており、ボリュームがあるため座り心地がよいのが魅力です。

座布団中央部は、京座布団の特徴である三方とじ仕様。さらに、座布団の四方には「邪気払い」の願いを込めた房がついており、おもてなしの心と伝統の業が光ります。法事座布団や仏前座布団にも適しており、さまざまなシーンで長く愛用できるのもポイントです。
足腰が弱ってきた方にとって、立ったり座ったりが楽にできる座椅子は必需品です。本製品は、体格に合わせて座面の高さが調節できます。背もたれはゆったり背中を預けられるハイバック仕様。3段階のリクライニングで、気分に合わせて角度を変えることができるので便利です。

脚部に補強バーが付いているので、立ち上がり時に倒れたりぐらついたりしにくいのがメリット。米寿祝いにも安心して贈ることができる座椅子です。和室にも洋室にもマッチするデザインで、背もたれは前方に倒してコンパクトに収納することもできます。
袖がないので気軽に羽織ることができ、軽い羽毛を使用した肩が凝らないデザインの肩当てです。後ろのほうが長めになっているので、背中までしっかり暖めてくれます。

前合わせはマジックテープ仕様で手軽に脱ぎ着でき、脇下はゴムで留められているのでズレにくく動きを妨げません。衿を立ててボタンを留めればさらに首元が暖かくなります。柔らかくて肌触りのよい生地を使うことで、ダウンのごわごわ感やシャカシャカ音を軽減。

就寝時に着用すると肩口からの冷えを予防するので、寒さで寝つきが悪いという方への米寿祝いにもおすすめです。天然ダウンなのに自宅で洗濯できるのもうれしいポイント。汚れを気にせず、いつでも清潔に着用できます。
ツイードミルは、ラグなどを生産するイギリス発祥の老舗ブランドです。高齢になると、平均体温が低い方も多く、日中の活動量も少ないため、寒さを感じることが多くなります。そんなときブランケットがあれば、寒い季節だけでなく、夏場の冷房対策にも便利です。

ツイードミルのブランケットは1年以内に刈られた新しい羊毛を使用しているので、しっかり厚みがあり暖かさも格別です。イギリス伝統のチェック柄は落ち着いた上品さがあるので、年齢、性別を問わず気に入ってもらえます。

体をすっぽり覆うほどの大判サイズは、お昼寝にぴったり。ほかにも、好きなサイズに折り畳んで肩に羽織ったり、腰に巻きつけたり、何通りにもアレンジできます。体を気遣い、日々を快適に過ごしてほしいと願うプレゼントは、米寿祝いに最適です。
全国の美術愛好家から熱い支持を集める有田焼の陶芸作家、藤井錦彩氏作が作った湯飲みペアセット。使う人のことを考えた「用の美」をテーマに、口当たりや手触り、使いやすさにこだわってひとつひとつ手造りされています。加熱したり熱風にさらしたりする際に発色する、繊細で味わい深い窯変(ようへん)の色が魅力。

窯焼成温度や湿度などほんの少しの変化で発色が変わるため、同じモノはひとつとない貴重な贈りモノです。作品は高級感漂うウコン布に包まれ、格調高い桐箱に入って届きます。桐箱の蓋裏面には文字入れや名入れが可能。米寿祝いのプレゼントに最適な湯のみです。
九谷焼屈指の成型師と絵付師が作り上げた「華釉椿」は、内側からのぞく椿の華やかな雰囲気と、手にしっかりと馴染む滑らかな土の質感が魅力。

九谷焼「青良窯」の職人技が光り、上質な時間を演出します。一部有料のメッセージカードを付けられるのもポイント。いつまでも夫婦仲良く歳を重ねていけるよう、願いを込めて贈りたいとっておきのプレゼントです。
日本の伝統工芸である若狭塗で仕上げた天然木の箸に、縁起の良い鳥として有名な梟(ふくろう)があしらわれています。彫刻をした上に金色で名入れするため、高級感のある仕上がりが魅力です。

箸の色はブラウンとアイボリーの2色。それぞれ箸のサイズとふくろうの表情が異なるため、ペアセットのプレゼントとして最適です。箸を入れる桐箱にも、定型文のお祝いメッセージを入れられます。日頃から可愛いらしいアイテムを愛用している方におすすめです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ